バイアグラと比較して食事の影響を受けにくいレビトラ

レビトラとは、2003年にドイツの製薬メーカーであるバイエル社で開発され、発売された、世界で初めて開発されたバイアグラに次ぐ世界で2番目のED治療薬です。
バイアグラと同様に勃起不全の症状を改善する効果があるとして、世界中で認められている医薬品であり、日本のおいても多くの愛用者を抱えています。
日本では、2004年に正式に認可されて発売されており、医療機関でも処方されています。
バイアグラと比較して改良されているポイントが一つあり、食事の影響を受けにくい治療薬であることが特徴です。
レビトラに含まれている有効成分は、塩酸バルデナフィル水和物です。
このバルデナフィルは、勃起を抑制する酵素であるホスホジエステラーゼ5の働きを妨げる効果があり、ペニスへの血流を増やして勃起機能を回復させることができます。
ただし、バイアグラと同様、服用することで勃起を促すわけではなく、性的刺激を受けて初めて勃起機能をサポートすることができる医薬品となっています。
服用時間は性交のおよそ1時間前から服用を始めます。
バイアグラほど食事の影響を受けませんが、空腹時の方が効果が出やすいとも言われていますので、できるだけ空腹の状態、もしくは食後から少し時間を置くとより高い効果を得ることができます。
持続時間もバイアグラと比較して長く持続するのが特徴で、個人差などにもよりますが、10mgのもので5~8時間程度、20mgのもので10時間ほど持続するとされていますのでメリットもバイアグラに比べて大きいと言えるでしょう。
服用することで、現れてくる主な副作用はいくつか報告されています。
顔のほてり、目の充血、頭痛、動機、鼻づまりなどが挙げられており、ほとんどのケースでは薬効が切れる頃には症状が治まることがほとんどです。
しかし、8時間から10時間ほど経過してもまだ副作用が持続する場合は、病院にかかることが望ましいとされています。
さらに服用の際の注意として、グレープフルーツを合わせて食べてはいけないとされています。
血中濃度をアップさせる働きがグループフルーツに含まれており、重い副作用を引き起こしてしまうリスクが生じるためです。
バイアグラよりも効き目が良く、持続時間も長めに設定されているため、バイアグラを試して合わなかった方や、長く効果を持続させたい、食事の影響を受けにくいものが良いという方はこちらのED治療薬を選択すると良いでしょう。